電子書籍の作り方

誰もがKindle本で出版できる時代になった

縦組みのKindle本を制作する手順 5/6

すべてのページで電子書籍を作る

htmlファイルの読み込み

Sigilを起動、[+]ボタンをクリックして、外部に保存している htmlファイルを読み込む。

f:id:potex:20160417195113p:plain

準備したすべての htmlファイルを読み込む。

f:id:potex:20160417200855p:plain

番号順にファイルが並ぶ。

f:id:potex:20160417200906p:plain

初めからあった Section0001.xhtmlは不要なので削除する。ファイル名上で右クリックしてメニューを表示させて削除…を実行。

f:id:potex:20160417200920p:plain表紙ページの作成

ツール > 表紙を追加…

f:id:potex:20160417200931p:plain

表紙画像は、2,560 x 1,600 ピクセルの JPG形式画像を別に作っておく。表紙を追加すると表紙ページ(cover.xhtml)が生成される。

f:id:potex:20160417201028p:plain

書誌情報の追加

ツール > メタデータエディタ…

f:id:potex:20160417195230p:plain

メタデータを入力。dc:dreator項目は、Add Metadataボタン > Author で追加できる。

f:id:potex:20160417195333p:plain

目次の生成

ツール > 目次 > 目次を生成 (論理目次の生成)

f:id:potex:20160417195422p:plain

『ごん狐』のh2見出しの一、二、三…は目次には使わないのでチェックを外す。

f:id:potex:20160417201141p:plain

ツール > 目次 > HTMLの目次を生成(HTML目次の生成)

f:id:potex:20160417195550p:plain

HTML目次が横書きになっているので、スタイルシートへのリンクを変更する必要があるが、今回はその前に(後からでもいいのだが)しなくてはいけないことがある!

f:id:potex:20160417201229p:plain

HTML目次のページをどこに配置するかが、問題である。特に決まりはないと思う。

Sigilの左側ウインドウ(ブックブラウザー)に並んでいるhtmlファイルをドラッグ&ドロップで移動させるとページ順を変えることができる。 

今回は、まえがきと本文の間に移動した。電子書籍リーダーで本を読んでから最終決定することにしよう。

f:id:potex:20160417201241p:plain

HTML目次ページ(TOC.xhtml)の移動完了。

f:id:potex:20160417201249p:plain

HTML目次を縦書きのスタイルシートへのリンクへ切り替える。TOC.xhtml上で右クリックしてメニューを表示させ「スタイルシートにリンク…」

f:id:potex:20160417201259p:plain

横書き目次用のスタイルシートは不要なので削除しておく。スタイルシート(sgc-toc.css)上で右クリックして「削除…」

f:id:potex:20160417201310p:plain

ページ送り方向の設定

content.opfフォルダを開いて、ページ送りを決める記述を追加する。

<meta content="vertical-rl" name="primary-writing-mode" />

f:id:potex:20160417201319p:plain

ファイルを保存して、EPUBデータの完成。

>>> 縦組みのKindle本を制作する手順 6/6