電子書籍の作り方

誰もがKindle本で出版できる時代になった

2016-04-25から1日間の記事一覧

縦組みのKindle本を制作する手順 6/6

『新美南吉童話集』完成 書籍のページデザインはこれでとりあえず終わりです。あとは、他の端末で確認して何かしらの問題があれば再検討して修正を行います。 新作書き下ろしの場合は、この後に校正作業が続きます。それを経て電子書籍の完成となり出版を行…

縦組みのKindle本を制作する手順 5/6

すべてのページで電子書籍を作る htmlファイルの読み込み Sigilを起動、[+]ボタンをクリックして、外部に保存している htmlファイルを読み込む。 準備したすべての htmlファイルを読み込む。 番号順にファイルが並ぶ。 初めからあった Section0001.xhtmlは不…

縦組みのKindle本を制作する手順 4/6

本文以外のページ作成 書籍には本文以外にも、まえがき、あとがき、書籍タイトルなどを書いた扉ページ、出版情報を記載する奥付ページなどもあります。ページの種類や順番は自由です。 保存している htmlファイルを Coda(テキストエディタ)で開き、作りた…

縦組みのKindle本を制作する手順 3/6

2回目のEPUBデータの作成 htmlファイルの読み込み Sigilを起動、[+]ボタンをクリックして、外部に保存している htmlファイルを読み込む。 先頭の番号を変えて、物語の並び順を変更した。 初めからあった Section0001.xhtmlは不要なので削除する。ファイル名…

縦組みのKindle本を制作する手順 2/6

EPUBデータの作成 htmlファイルの読み込み Sigilを起動、[+]ボタンをクリックして、外部に保存している htmlファイルを読み込む。 ファイル先頭に番号を振っておいたのは、読み込み順(ページ順)の為。Sigil内で並びを変えてもページ順は変えられるが、番号…

縦組みのKindle本を制作する手順 1/6

備忘録を兼ねて、実際にどうやってKindle本を作っているか制作過程を公開します。もしかしたら、もっと楽で完成度が高い方法があるかもしれないですが、現状ではこの作り方が細かいところまで調整できて、自分としては最高のものが作れます。 作業工程は慣れ…

校正の方法

原稿を書き終わった後、再読、再読、再読してひっかかりがあるところがあれば、確認、再考するというやりかたでやっています(普通ですね)。 自分で自分が書いた文章の中にある間違いは見つけにくいので、他人に手伝ってもらったほうが断然いいです。自分で…

Sigilの使い方(初期設定)

設定を変更しているところだけ書いておきます。 外観 ブックビューに比べてコードビューのフォントサイズが小さいので変更。使用ディスプレイ次第なので任意のサイズを設定してください。 General Settings EPUBのバージョンは2にしています。日本語の縦組…